服を買った後、牛タンを食べて大満足の1日

gyuutan
焼き肉といえば、カルビやロースを食べないと食べた気がしないというのが一般的です。ところが、そこに牛タンを加えるというのが近頃の風潮ともなっています。確かに、焼き肉店に行って牛タンだけを注文して食べるというのもイマイチのようには思うのですが、それでいてカルビやロースだけというのも物足りないような気が何となくします。要するに、せっかく焼き肉店に行ったのだから、牛タンも食べたいという食に対する欲求というものがあるのです。それでは、どうしてカルビやロースだけでは我慢ができず、牛タンも食べたくなるのか?ということですが、やはりそれは一度食べたら忘れられない味、魅力があるからだと思うのです。

ちなみに、牛タンというのは他の部位の牛肉とは違い、薄くスライスされた生肉でしかありません。しかも、ホルモン用のお肉のように、お店独自の味付けが施されているワケでもありません。ところがそこには、牛タン独自のうま味とサクサクとした歯触りに理由があるからです。せんべいでもないのに、サクサクという表現はおかしいといえばおかしいのですが、カルビやロースのようなムシャムシャといった食べ方とは違うでしょうね。何せ、牛タンは硬いので包丁で刻みをいれた上で、薄くスライスするというのが一般的なスタイルですからね。

江東区: いただいたご意見と回答

一方、牛タンの本場ともいわれる仙台では、牛タン料理といえばお店独自の味付けが施された調理済みの牛タン料理が、お客さんのテーブルには出されてくることが多いようですね。しかも、薄くスライスされた牛タンではなくて、カルビやロースのように分厚い牛タンです。そういう意味では、仙台の牛タンというのを初めて食べる人にとっては、それまでの牛タンの既成概念というのが打ち砕かれてしまうかもしれませんね。ちなみに私事なのですが、この前気に入った洋服があったのでそれを買った後、牛タンを食べて大満足の1日を過ごすことができました。牛タンの善治郎のサイトはこちら

岐阜市の畜産業/畜産課/岐阜市公式ホームページ